家族

目の疲れを会場

目の疲れ

現代人は仕事やプライベート両面でスマートフォンやパソコンを使っているため、目に大きな負担を抱えています。目を酷使し続けていると、目がシパシパしてきたり、視界が悪くなってきたりといった眼精疲労の症状が現れてしまいます。眼精疲労の症状を改善するためには目を休ませることが大切ですが、デスクワークの方などは目が疲れてもなかなか休ませることが出来ません。蓄積した眼精疲労を回復させる効果がある栄養素を摂取することでカバーすることができますので、目に嬉しい成分を知って意識的に摂取するようにしましょう。
目の働きをサポートする栄養成分として挙げられるのがビタミンAで、網膜の働きを助けたり、目の粘膜を守ったり、涙の量を保って目を乾燥から守ったりといった効果を得ることが出来ます。ビタミンAを含んでいる食品として挙げられるのが、緑黄色野菜や牛乳、卵、チーズ、うなぎといったものです。このような食品を日頃から意識して摂取することで目の健康を守ることが出来ますので知っておきましょう。
眼球でキャッチした視覚情報を脳に伝える為に必要不可欠なロドプシンという成分があり、ロドプシンは目を使うことによって分解されて数が少なくなっていきます。ロドプシンの数が足りなくなっている状態を眼精疲労と言い、目を休ませている間にロドプシンが再生性されます。ブルーベリーなどに含まれているアントシアニンを摂取することによってロドプシンの再生性を促すことが出来ますので、眼精疲労の回復に役立ちます。アントシアニンやビタミンAを食品やサプリメントなどで摂取して、目の疲れを癒やしましょう。