家族

冷えを改善

手と足

体の体温が低い冷え性の方は、抵抗力が低く病気のウィルスや細菌に負けてしまって病気になってしまいやすいです。病気のウィルスと戦う免疫機能は体温と密接な関わりがあり、体温が1度低下してしまうごとに免疫機能が30%も低下してしまいます。冷え性で体温が低いという方は、風邪をひきやすく、一度風邪をひいたらなかなか治らない体質と言って良いでしょう。また、冷え性の方は新陳代謝が低いという特徴もありますので、カロリーを摂取しづらく肥満体型になってしまいがちです。冷え性を改善することで風邪に負けない強いからだと、肥満体型にならない太りにくい体を作ることができます。
内臓の働きが活発だと基礎代謝が高まり体温が上昇しますので、内臓の働きを活発にすることによって冷え性を改善することが出来ます。内臓の働きを活発にする方法として挙げられるのが、朝目覚めてすぐに体温より少し高い温度の白湯を飲むということです。体がまだ完全に目覚めていない寝起きに、温かい白湯を飲むことによって内蔵を温めて活性化させることが出来ます。
内蔵の働きを活性化させる成分を食事で摂取することも大切で、ごぼうに含まれているサポニンという成分を摂取することによって内臓の働きを活発にすることができます。サポニンには内臓の働きを活性化させるだけでなく免疫機能を高める効果もありますので、体調管理に役立ちます。ごぼうやごぼうで作られているごぼう茶を飲むことによってサポニンを摂取することができますし、サプリメントで手軽にサポニンを摂取するのも良いでしょう。